インプラントQ&A
審美歯科Q&A
歯周病Q&A

 

インプラント治療をおこなうメリットは次のようなことが挙げられます。
インプラント治療は見た目にも自然であり、美容にも効果的です。
インプラント治療は入れ歯治療やブリッジ治療と違い、口の中に違和感や不快感ないため、ガタついて話がしにくいということもありません。
インプラント治療は天然の歯と同等の噛む力が戻るため、自分の歯のように噛めるようになり、固い食べ物もおいしく食べることができます。
インプラント治療は従来の入れ歯治療などとは違って、『インプラントは一生もの』と考えられる治療法といわれています。
インプラント治療は従来のブリッジ治療と違い、周りの歯を傷つけません。
インプラント治療はインプラントが顎の骨に力を加えますから、顎の骨が痩せるのを防ぐと言われています。

入院の必要はありません。手術後のインプラント体と顎の骨が結合するまでの治癒期間の過ごし方が非常に大切になります。


麻酔をしますから、手術時にはそれほど痛みはありません。術後は多少の痛みと腫れがでる場合もあります。

インプラント治療 に保険は適用されませんが、 医療費控除 の対象になることもあります。 医療費控除はほとんどのケースが適用されます。


 

通常は銀歯の詰め物を外して、セラミックに詰め替えるだけで自然な感じになります。


前歯に隙間が空いている場合、部分矯正をして治す方法と、ラミネートベニア法で治す方法の2通りの治し方があります。期間・費用などそれぞれ異なり ますので、お気軽にご相談ください。


個人差もありますが、大体2〜3年で徐々にもとの状態に戻っていきます。その場合、定期的にタッチアップホワイトニングを行えば、安価で白い歯に戻すことができます。

歯のホワイトニングであれば、ほとんどの方が使用することができます。しかし、それほど効果がない場合もありますので、医師による充分な診断により、患者さんに適した治療を行います。

 

主な歯周病は、歯の土台(歯槽骨や歯を支えている歯根膜など)が破壊される病気です。むし歯のように激痛があるわけでもなく、ゆっくりと進行します。その為に、患者さんがその症状を自覚するには、非常に時間がかかります。そして、歯が揺れたり、歯ぐきが腫れたりと自覚したときには、歯周病がかなり進行している場合がほとんどです。

プラークとは、歯に付着している白、または黄白色の粘着性の沈着物で、非常に多くの細菌とその産生物から構成されています。
またプラークはバイオフィルムとも呼ばれていて強固に歯に付着してるだけでなく、薬品だけでは除去しにくい状態になっています。そのためにしっかりと歯ブラシ等で除去することが大切になります。

喫煙が悪い理由はいくつかあります。

1)喫煙する人は統計的に喫煙しない人よりも歯周病にかかりやすいというデータがあること。
2)タバコに含まれる化学物質が歯肉からの出血を抑えたり、歯肉を硬くすることで症状が気づきにくくなること。
3)喫煙者は末梢血への影響があるので、歯周病の治り方がわるくなること。

です。 つまり煙草は歯周病になりやすくするばかりでなく、気付き難くし、また治り難くする原因と言えるのです。

歯周病そのものが遺伝するということはありません。しかしながら、非常に少ない例ですが、遺伝性要因があるとされる歯肉の増殖特殊な歯周病があります。また、近年、遺伝子診断により、本当に遺伝的になりやすい人、なりにくい人がいるかどうか科学的に解明されつつあります。

 

 

〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-11-2
TEL:047-393-7511

 


Copyright (c) STARデンタル南八幡クリニック . All Right Rserved.